So-net無料ブログ作成

上西議員!腐っても国会議員とは(^o^) [芸能ニュース]





上西議員ここに来て復活か?

思い起こせば肘目てこの方の名前を聞いたのが当時の
男性秘書との不倫旅行疑惑でした。

ちょうど2年前ですかね。

本人は当時体調不良で男性との旅行なんかしていないと否定し
以後一貫して、週刊誌の記事はデマによる中傷記事であると
主張していましたね。

当時橋本徹率いる維新の会に所属していたが、国会欠席前日に
居酒屋とショーパブへ行ったことで橋本氏から議員辞職を勧告
されるも当の本人は拒否。

結果、除名処分を受ける。


とまぁ~こんな記憶しかありませんでしたが・・・・


2年の月日を経てまた表舞台に復活するとはね~~
メディアを舐めてません?

と言うか
まだこんな議員がいた事自体驚きです。

一体いくらの税金を無駄にしてるんでしょうか?
一説には1億円とも言われていますね。


では上西議員復活の物語を簡単にご説明します(^o^)




上西議員のサッカー騒動


何でも復活騒動のキッカケが、2017年7月15日に行われた
浦和レッズVSボルシア・ドルトムントの親善試合。

自称ドルトムントファン(これ自体怪しいが)の上西議員が
Twitterで呟いた次のツイート。


uenishi-sayuri-01.jpg




これが原因で炎上したのはツイートしたのが上西議員だからなの?

何でも殺害予告まで来る騒ぎまでに発展したようですが、
そもそもこんなツイート日常茶飯事かなとおもいますが。

この批判に対してよせばいいのに更に次のようなツイートで反論します。

上西対ツイートその2.jpg


その結果一部の激昂したファンから殺害予告を受けるハメに....



上西議員を取り上げるマスゴミ


更に輪をかけてワイドショーが面白おかしく取り上げるもんだから

しかも謝罪の取り直しをしていたワンシーンが番組で流されたり。


ここまで巧妙に復活劇を演出できるなんてある意味
上西小百合ってすごいお人だなぁ~って思っていたら
黒幕がいたんですね。

だって、当初インタビュアーから『今回投稿された内容についての
反省は?』とマイクを向けられた上西議員は「単に観衆として残念な
試合だったなというふうにイメージを持ちましたので、それを言わせて
いただいたということだけ」と返答しました。


するとその直後上西議員の秘書から「結果的にこうなっちゃてるんだから
そこは踏み込んで行ったほうがいい。殺害予告までして来る
わけで、結果としてそういう結果がでている以上、踏み込みすぎ
たっていうことは言わないとおかしいでしょ」とダメ出し。

更に続けてこの秘書はインタビュアーに対し「すみません、もう一度
質問してもらっていいですか?」と指示をだして上西議員の返答を取り直
すというシーンがそのまま放映されてしまったのです。


撮り直しで上西議員は「当社は単に聴衆の一人としてコメント
させていただいたんですけども、それが結果的にこういうふうに
過激な発言を寄せられるということになりましたんで、最終的に
踏み込みすぎたのかなというふうに思っております」と先程の
初当選を撤回する形となりました。

ということは、この発言は秘書が考えた言い方で、上西議員の
本音では無いことが見破られてしまったわけです。


ここまで、放映してしまった展開ってどうなんでしょう。

公人である国会議員の謝罪会見なので撮り直しの内容も
含めてそのまま流したと考えれば、問題は無いのかも知れません
が。



上西議員秘書と謝罪そして復活劇


この謝罪劇を観ていて非常に気になったのが上西議員の秘書の男性。

この方笹原雄一といいます。
現在53歳とのこと。

中央大学文学部に在学中に下北沢の本多劇場に就職。
その後、フリー演劇プロデューサーに転身。

そして2009年にイーミュージックの社長。

韓国のアイドルグループ「JYJ」の宣伝をしようと「JYJ」の事務所に
許可を取ること無くJYJの動画配信サイトやEMチャネルを作って
しまいます。

これがなんと課金サイトだったんです。

さらにJYJがらみの架空投資詐欺にも加担したとのことで
イーミュージックを2015年に追い出されてしまいます。

そして1年後2016年2月に、上西議員の公設第二秘書となるわけです。

情報によると上西議員ってもしかしたらイーミュージックの所属タレント
だったという噂も。

その関係で笹原氏が彼女のマネージャーに転身したんでしょうか?

この笹原氏もそうですが上西議員の秘書ってDQNが多いですね。

前の秘書の家城大心(いえきだいしん)もそうだったし。


ただ笹原氏は以前演劇プロデューサーだったこともあり
上西議員の復活劇のシナリオ作りは万全なのかもしれませんね。


上西議員は、2014年12月に比例代表で当選。
衆議院議員の人気は4年ですから人気満了は2018年12月となります。

世間から辞めろと言われ続けても、議員としての美味しい部分を
そうそう簡単に手放せるものではありません。

笹原氏も生活があるし。

もうしばらくこの二人三脚はつづきそうですね。






まとめ


上西議員みたいに強くなければ政治の世界では生きていけないのかも
知れません。

モラルを守って、清く生きるだけでは成功しない世の中ですから。

もし仮に私が上西議員だったら彼女と同じくその地位にしがみついて
いるかもしれません。

なんたって議員としての年収が3000万円近いから。


ただ、これだけ世間の非難を浴びたのですから次回選挙で落選する
のは目に見えています。

 
ということは、任期満了後の事を考えて行動しているのかも
知れません。

兎に角今は名前を売っておこうって。
所謂炎上商法ってやつです。

しかもマスコミやメディアが取り上げれば取り上げるほど
彼女のシナリオ通りに進んで行くのでしょう。

任期満了後は炎上芸人としての道が開けるのかも知れませんね。

そう考えるとたくましくも思えて来ます。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました